使える!?アフィリエイトTipsやWebサイト制作


■記事一覧
同じ広告主なのにASPを変えるとCVRが上がる
【基礎】特別単価=実はASP薄利のカラクリ
【基礎】ASPに頼らず広告・キーワードを考えよう

同じ広告主なのにASPを変えるとCVRが上がる

※あくまで考察の記事です。断定した話ではありません。

アフィリエイトASPのメディア担当者なら、アフィリエイターさんから1度は言われるであろう言葉。

『同じ広告でもあのASPなら成果が上がりやすい』
『タグを変えたら成果が伸びた』

僕もWebプログラムは大学で4年間5年間も学んだ人間なので、そう言われたときは「アフィリエイトのシステムは一緒なのでそんなことないですよー」と返答していた。半人前ながらも技術者的視点で見れば、そんなことが実際にあるとは考えにくい。

しかし、アフィリエイトをするようになってからは、冒頭の言葉は確かにあるような気もしてきた。

SEOやPPC系のメディアの場合、表示順序の違いで母数のクリック数は変わるかも知れないが、ターゲットに合致していればCVRは乱高下しないはずだ。変化があるにしてもちょっとの違いだろう。

だが、掲載ASP(以下、甲ASP)のCVRは日別・月別によらず、数値がよろしくない。一気にCVRが悪くなったりして不安定なのだ。

そこで、試しに別のASP(乙ASP)へ切り替えてみた。

asptagchange

すると、どうだろう。一桁続きのCVRが一気に20~30%に飛躍的に向上したのだ。もちろんLPも出稿単価もいじっていない。変えたのはアフィリエイトタグだけだ。なぜ・・?

1.アフィリエイトタグの識別データが途中でロストすることがある?
2.成果計測サーバーに何らかの問題があって計測できないときがある?
3.広告主LP側でサンクスページによって測定タグを埋め忘れているところがある?
4.広告主が広告費削減のために意図的に成果データを返さないことがある?

推測できるのはこんな感じか?

1.はタグにくっついてるアフィリエイターと広告主を識別するデータのことだ。アクセストレードなら「rk=1234567800abcd」の箇所だ。これはASPによって桁数や使用する文字の仕様が違う。だから、広告主側からすればアフィリエイト導入時に仕様をきちんと把握しないと、意図しない文字がきたときに排除する(=成果が上がらない)仕組みになることもある。今回の場合は識別データは静的なものなので違うだろう。

2.は回線などのハードウェア的なリソース不足で成果が計測できないケース。これは考えにくいか。

3.はなにげによく発生するケースだ。広告主サイトがリニューアルしたときなどによく起きる。広告主のWebデザイナー/Webプログラマーからしたら、アフィリエイトタグのことなんて元々は範疇にない。結果、サイトを作り直したときに成果計測用のHTMLを入れ忘れることがある。ASPから「成果が計測できていませんでした。申し訳ありません。」というメールがきたときは、一律にASPが悪くないときもあるのだ。だから温かい目で引き続き見て欲しい。
※もしこんなことが起きても広告主に全力で補填交渉するのでご安心を。アフィリエイターだけに泣いてもらうことはありません。ASPは広告主もアフィリエイターも、どちらもお客様だからネ!

…あれ?話がそれた。3も違うかなぁ。

4.は広告費を削減しようと、成果計測用のシステムの表示率を操作してASPに通知しないケース。こんなことは許されないが、やろうと思えばできることではある。なぜなら、真実かどうかをアフィリエイター側もASP側も見破りにくい。相手のサーバーにあるプログラムを調べようなんてできないのだから・・・。でも、今回は貼り替えたらCVR向上した話なので関係ないですね。

asptag

それでは、タグをクリックした先を解析してみよう。

ブラウザ上では広告タグをクリックすると広告主サイトに遷移する。だが、そこに至る過程はASPによって違うことがある。今回も調べてみれば該当していた。甲ASPは間に代理店のサーバーが存在している。

ASPは自社で広告を営業して配信することもあれば、広告代理店から卸してもらうこともある。よって、後者は代理店にマージンを中抜きされるので成果報酬が安くなる。

明確な違いはこの点だけ。代理店がASPに返却するデータを絞っているのか、代理店からの識別データがうまく処理されていないのか。

 

結論としてやっぱり原因は分からないのだが、同じ広告を複数のASPでABテストして、効果に違いがあるかないかを試す価値はあるかもしれない。

2013/08/25 11:44
Tips

【基礎】特別単価=実はASP薄利のカラクリ

アフィリエイトをやっていると「特別単価」という言葉を聞くことがあります。管理画面で今まで1件の獲得で100円だったものが「あなただけ特別に150円にアップにしましたヨ」というような具合ですね。

または、今までA社のASPで100円で広告を貼っていたところに、B社のASPの担当者から「ウチで貼るなら特別に130円にしますよ」と言われたとします。広告タグの貼り替えが面倒なのでA社の担当者にB社から130円で貼り替えの話があったことを告げてみると『それなら140円にしますのでそのまま掲載してください!』と言われたことも、パワーのあるアフィリエイターさんなら記憶にあるのではないでしょうか。これも特別単価です。

果たして「特別単価」とはどうやって生まれるのでしょうか。

これは大きく分けて2ケースあります。

  1. ASPが広告主に交渉して許可をもらい、該当アフィリエイターだけに特別に報酬設定する
  2. ASPの手数料を削ってアフィリエイターの報酬に上乗せする

前者はイメージしやすいですね。ASP担当者が広告主側に「アフィリエイターの○○さんが頑張ってもっと獲得してくれるというので特別単価を頂けないですか?」というように交渉してOKをもらい、特別単価が設定されるものです。広告主からすると1件あたりの支払い金額が今までより増える(CPAの上昇)ので、実際には首を縦に振ってくれないことも多いです。広告費は抑えたいですからね。

 

ということで「特別単価」が生まれるのは後者の、広告主の支払金額を変えずに【ASPの手数料を削って上乗せ】する方法が適用されることが多いのですがどういうことなんでしょう・・・?

その前にASPの手数料というものがどうやって発生しているのか下の図をご覧下さい。

payment_image

グロスとネットのどちらにしろ、広告主から支払われる全体の金額からしてASPの取り分である手数料が薄利である事を覚えておいて下さい。実際はもっと取ってるんじゃないの~?と疑われそうですが、他社ASPとの報酬合戦での兼ね合いや類似の広告との相場などを考えるとこうなるのです。
※と言いますか、基本的にマージンは最大で成果報酬の30%しか取らないと規約に明示してあったはず(前職の場合)

さて、ようやく本題。特別単価を設定するときにASPの手数料を削って上乗せするというのは、上の図のグロスのイメージだとアフィリエイター800円、ASP200円となっていますが、この分け合う割合を変更してアフィリエイター900円、ASP100円にするという意味なのです。

つまりASPの利益を減らしてアフィリエイターの報酬に回しているんですね。これだと広告主の支払い金額が変わらないので許可も不要です。

特にパチスロ系など人気の広告は配信しているASPも多いので、ASP間で対抗するべく基本の報酬設定の段階で薄利なものが、さらにパワーのあるアフィリエイターさんに特別単価を設定しているので、だいぶ利益が乏しいです・・。ASPも苦しいんですよ、だから闇雲に設定できないんです。それだけはワカッテクダサイ・・。

 

「特別単価」がASPの首を絞めて設定されていることもあるというのが今回の記事の内容です。薄利多売ですね。さて「特別単価が欲しい!!」って方のために、次回は【特別単価を引き出すための賢いASPとの交渉術】を書きます。

2012/07/29 09:59
Tips

【基礎】ASPに頼らず広告・キーワードを考えよう

ASPの担当さんがついてくれると強力にサポートしてくれる味方となりますが、すべてのイロハを教えてくれるわけではないですので【自分で広告・キーワードを考えるクセ付け】は会得しておきましょう。このクセが身につかないと後々厳しいですよ。どの世界でもそうですが、教えてくんは困るのです・・・。

 

■ASPからオススメされる案件は競合がズラリ!

担当さんからメール等で「これはオススメです」という連絡がきますが、恐らくそれはガチで儲かる広告でしょう。やるべきです。ですが覚悟も必要です。

基本的に個別の広告をオススメするからには理由が必要です。例えば「来月TVで取り上げられるので検索ボリュームが増加するからサイトを作ったほうがいい」とかですね。でも、だいたいの理由すでにある程度の獲得ボリュームが発生している=他のアフィリエイターが儲いでいる広告です。つまり、先駆者がいてある程度獲得されているということは、検索結果で上位表示もされていて強い競合も多数ということです。

その中にいまから飛び込んでいくのですから、先に取り組んでいるアフィリエイターさんと張り合えるのか判断し、その自信が乏しいのであれば、取り組まれていないキーワードを探して狙っていきましょう。

 

■ASPも知らない稼げる広告を探せ!

僕が在職していたころはモバイルの広告を見ていればよかったです。といってもそれでも広告は1000超えてましたけどね・・・。今はデバイスがモバイル・スマホ・PCとなったので、ASPの中の人もすべての広告を把握するのはまず無理です。

だからこそ本当は稼げるのに休眠しているような広告があるのです。それを管理画面とにらめっこして探していきましょう。

広告探しの時のポイントをいくつか。

1.実際に成果対象となるデバイスで広告主のサイトを見る!
広告がスマホ対応案件ならスマホで見てみましょう。PCから見ると違う画面に飛ばされたりする可能性もありますし、サイトの使いやすさなどは実際にその端末でいじってみないと分かりません。それに管理画面に書かれていない細かいコンテンツを確認できるので、アイデアやキーワードがわいてきますよ!

2.成果対象の直前まで自分でチェックする!
成果対象が「商品購入」の広告の場合、自分でカートに商品をいれて購入が完了する一歩手前(注文まではしないという意味)まで画面をチェックしましょう。ユーザーに使いづらい導線になっていたり、途中で会員登録を絶対しないといけないサイト構成だったら成約率も落ちてしまいます。圧倒的に不利なサイト状況であれば、その広告を取り組むのをやめるか、サイトの作りを改めるようASPに連絡してみましょう。

3.(おまけ)広告主の会社情報をチェックする!
広告主の運営会社の会社情報がとても曖昧なものは・・・もしかしたら却下率が高い広告かもしれません。実際ありますよ、こういう広告主。

 

■キーワードをひねって考えよう!

在職時はアフィリエイト禁止だったので、自分でサイト作るならこんな複合ワードかなーというのを簡単に考えて、検索ボリュームの大きいワードを中心にメールやPPT資料に添えてご連絡していたのですが、あれだけでは正直ヌル過ぎます。だって、王道のワードばっかりですもん・・・。

例えば賃貸の広告のときも「賃貸 マンション」(住居種類),「賃貸 向ヶ丘遊園」(地名)のような感じで、ほんのさわりの部分しか資料にまとめてませんでした。確かにこれらのワードの需要は高いですが、不動産屋のサイトが占拠していて太刀打ちするのは難しいです。稼いでいるアフィリエイターさんなら勝てるのかもしれませんが、僕を含め駆け出しアフィリエイターがやるにはキツいし、いつまでたっても上位表示できないので報酬も生まれず、やる気をそがれます。

そこで頭をひねりましょう。なぜ賃貸でマンションを探すのでしょう?なぜ賃貸で向ヶ丘遊園を選んだのでしょう?ユーザーの真のニーズを推測するのです。

★「賃貸 マンション」の想定されるユーザー
・”アパート”ではないということは学生ではない?
・”分譲”ではないということは一人暮らし?社会人かな?
・”マンション”ということはある程度の住居スペックを求めている?
例)鉄筋などの防音性、オートロックなどの安全性、エレベーター付

★「賃貸 向ヶ丘遊園」の想定されるユーザー
・近くに専修大学、明治大学があるので学生の可能性が高い?
・ということは1K5万あたりの手頃な住居を求めてる?

こんな感じで複合ワードからユーザー像を想定してニーズを考えていきます。あとはそのニーズをくみ取るサイトを作るだけですね!あまりにもビッグなワードで攻めて嘆くより、コンパクトに攻めて着実に報酬獲得の機会を狙い、引っ越しの広告・家具の広告・光回線の広告などもセットでユーザーに案内すれば報酬の期待値も上がりますよ!

 

以上のような形で広告の目星をつけたらあとは手を動かしてサイト作りをしたり、ASP担当者に該当の広告に関して何か情報がないか聞いてみましょう。アフィリエイターも【稼げそうかなと思った理由】を添えて連絡すれば、ASP担当者からしても真剣に考えてくれたアフィリエイターさんには報いてあげたいと思いお調べしてくれるはずですよ。

2012/07/28 11:47
Tips